医療保険の特徴

« 老人医療保険の終身保険 | メイン | 高齢者の医療保険 »

病院にかかる時に欠かせないのが医療保険ですが、これは、病院に支払う金額の全額か一部が支給されるというシステムです。老人医療保険とは老人を対象にした医療保険です。年を取ると病気にかかりやすくなりますので、医療保険の重要性は増します。医療保険は、公的医療保険と民間医療保険の組み合わせで構成されます。

日本の公的医療保険は国民皆保険とよばれる国民健康医療保険です。年配者向けの医療保険では、75歳以上の老人保健制度が定められています。老人保険制度は公的な老人医療保険で、一定以上所得者を除き、診療費の1割を負担するだけで医療を受けることができます。一方、民間の医療保険への加入は個人の自由で、保険会社が用意するプランの中から希望に合う者に入ります。民間の老人医療保険を利用したいならば、複数の保険会社が用意するメニューからプランを選ぶのが一般的です。

とはいうものの、老人医療保険という名称のプランはさほどありません。しかし、高齢者でも加入のできる終身型の医療保険が老人医療保険に最も近い形であるといえるでしょう。日本の民間医療保険は、公的な健康保険の補完的な役割を担っています。差額ベッド代や交通費などの雑費、特に悪性疾患と診断をされた場合のお見舞い金なども内容は細かな部分にまで及んでいるのが特徴です。

サイトTOPへ

カテゴリー

スポンサードリンク

AdSenseでワンコイン
アドセンスで1日500円を稼ぐ方法が分割払いで・・・
http://yahoo.co.jp/
無裁量FX攻略システム
プロの投資集団が自身の利益追求のために完成させた理論戦略型攻略システムとは・・・
http://fx-mhs.com/