2009年6月アーカイブ

老人の医療保険について

老人を対象とした医療保険には、「死亡保険型」という死亡時の葬儀代などに充てるための保険と、病気やケガなどの入院費用に充てるための「入院保険型」があります。一般的な老人向け医療保険は、入院保険をベースにしています。「入院保険型」の老人医療保険は、ケガと病気で扱いが異なります。

医療保険の契約をした直後のケガでも保険は適用されますが、病気は保険に制限がつくことがあるようです。払込保険料に相当する金額を、当初の2年間は振り込み続けるということが求められることが老人医療保険では多々あります。2年経てば、持病の有無に関係なく保険金が下りるのが一般的な医療保険なのです。入院保険には大体の傾向がありますが、保険会社によって大きく違います。

病気などで入院している最中に老人医療保険に加入しても、その時の入院費用は保険では出ません。また、老人医療保険の契約をした直後に入院をし入院費用が発生した場合は、問題なく保険金が出るという会社と、契約をしてからある程度時間が経たなければならないという会社があります。老人医療保険といってもすべての病気に保険金が下りるわけではなく、契約した日以降に発病した病気やケガをカバーするということが基本的な考え方です。そのため、糖尿病や高血圧など他の病気を併発しやすい持病がある場合、加入時には前もって確認するようにしましょう。老人医療保険では、そういった症状については免責規定が定められていることもあります。

続きを読む

サイトTOPへ

カテゴリー

スポンサードリンク

AdSenseでワンコイン
アドセンスで1日500円を稼ぐ方法が分割払いで・・・
http://yahoo.co.jp/
無裁量FX攻略システム
プロの投資集団が自身の利益追求のために完成させた理論戦略型攻略システムとは・・・
http://fx-mhs.com/